【卓球・混合複&男子単】張本智和、早田ペアに有利に働く中国選手が抱える“圧倒的重圧”

公開日: 更新日:

“勝って当たり前の”中国勢に安堵の涙を流させるまで女子は肉薄

 前回の東京五輪で混合の金を含む4つのメダルを獲得した日本代表。今やメダルを取るだけではファンは納得しない強豪国となったが、そこに立ちはだかるのが卓球王国の中国だ。7月26日開幕のパリ五輪で日本代表はいくつメダルが取れるのか。金はあるのか。卓球コラムニストの伊藤条太氏に展望を聞いた。

  ◇  ◇  ◇

 中国は今回、かなりナーバスになっている。2月の世界選手権(韓国・釜山)女子団体決勝が象徴的です。東京五輪女子単金の陳夢(30)が早田ひなに初めて敗れ、世界ランキング(WR)2位(当時)の王芸迪(27)も平野美宇にストレート負け。エース孫穎莎(23)の頑張りにより中国は3-2で辛勝し、試合後に選手たちは泣いていた。あんなシーンは過去に見たことがない。五輪や世界選手権で金メダルが当たり前の王国が、どうにか歴史的敗北を免れたのです。しかし、中国は大舞台で苦戦した後は恐ろしく強い。中国を本気にさせた。そこはやっかいです。(【女子団体編】…からつづく。)


■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  2. 2
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  4. 4
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  2. 7
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

  3. 8
    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

  4. 9
    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

  5. 10
    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず

    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず