著者のコラム一覧
春日良一五輪アナリスト

長野県出身。上智大学哲学科卒。1978年に日本体育協会に入る。89年に新生JOCに移り、IOC渉外担当に。90年長野五輪招致委員会に出向、招致活動に関わる。95年にJOCを退職。スポーツコンサルティング会社を設立し、代表に。98年から五輪批評「スポーツ思考」(メルマガ)を主筆。https://genkina-atelier.com/sp/

IOCは命がけで戦争終結を訴えたロシア人自転車選手の勇気に報いなければいけない

公開日: 更新日:

 国際オリンピック委員会(IOC)は6月15日にパリ五輪に参加できる個人中立選手(AIN)を初めて発表した。

 IOCは2022年2月のロシアによるウクライナ侵攻後、五輪休戦を破ったロシアとベラルーシを世界のスポーツ界から追放していたが、選手は尊重されるべきであり、国家の罪を選手に負わせるべきでないという考えがあった。

 標準記録や予選の条件を満たし、所属する国際競技連盟(IF)の審査をパスし、最終的にIOCが設けた「個人中立選手資格審査会」が承認した選手は、「中立の旗」の下でAINとしてパリ五輪参加ができる。ウクライナでの戦争を積極的に支援していないことと自国の軍隊とのつながりがないことを証明するために、IFとIOCのダブルチェックを受ける。

 その審査を通過した選手の第1次リストがIOC理事会終了後のタイミングで公表されたのだが、その数はロシア選手14人、ベラルーシ選手11人。驚くべき少なさだ。参加競技種目も自転車のロード種目、体操のトランポリン、ウエートリフティング、そしてレスリングだけである。世界陸連は両国選手の参加を全面的に拒否しており、その他のIFも両国選手の復帰に手間取っていることもあるが、最終リストでもせいぜい今の2倍になる程度と思われる。東京五輪2020ではロシア330人、ベラルーシ104人だった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • その他のアクセスランキング

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  4. 4

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  5. 5

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  1. 6

    体操・杉原愛子が開発 性被害対策と実用性を兼ねた「新型ユニホーム」で業界に新風吹き込む

  2. 7

    バドミントン桃田賢斗が代表引退宣言 大人気を誇る東南アジアで「引っ張りだこアンバサダー」になる未来

  3. 8

    体操・杉原愛子は2大会連続五輪出場も「私はセンスや才能がある方じゃない」の真意

  4. 9

    陸上1500m田中希実が5連覇で五輪切符獲得 7位ドルーリーは肉体的課題で「パワフルさに欠ける走り」

  5. 10

    レジェンドが徹底解説!男子体操エース橋本大輝が抱える「唯一の懸念材料」と新星・岡慎之助の潜在能力とは

もっと見る

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差