岡本和真と村上宗隆のメジャー挑戦に“超逆風” 大谷バブルをブチ壊したMLB先輩野手の期待外れ

公開日: 更新日:

 ドジャース大谷翔平(30)の好調の裏でカブス鈴木誠也(29)とレッドソックス吉田正尚(30)が窮地に立たされている。

「大谷は別格として、日本人野手に対する評価が米球界で再び大きく落ちる原因になっています」とは、メジャーに詳しいスポーツライターの友成那智氏だ。【前編】からつづく。

  ◇  ◇  ◇

 そもそも、日本人選手に対するメジャーの評価は、投手に比べて野手は低い。カブス入団2年目の昨年、138試合に出場して打率.285、20本塁打、74打点の成績を残した鈴木を除けば、メジャーの日本人野手で100試合以上に出場し、打率3割、あるいは、20本塁打以上をマークしたのは、2010年の松井秀喜(エンゼルス=21本塁打)、イチロー(マリナーズ=.315)まで遡らなければならない。

 その間、松井稼頭央井口資仁ら12人の日本人野手がメジャー挑戦したものの、特筆に値する成績は残せず、米球界では「日本人を取るなら投手」という評価が定着した。それを覆したのが大谷で、その恩恵を受けて鈴木と吉田が破格の契約を結んだものの、その2人によって「大谷バブル」ははじけてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」