「子どもの夜ふかし脳への脅威」三池輝久著

公開日: 更新日:

 現代日本は世界有数の“短眠大国”だ。この50年間で平均睡眠時間は59分も短くなり、休日の土日でも睡眠時間は30分以上減少している。そして、こうした環境の中で育つ日本の子どもは、一日の総睡眠時間が11時間37分と、世界で一番短いという深刻な事態に陥っている。

 子どもの睡眠不足は、自律神経やホルモン分泌に悪影響を与えて肥満の原因になるほか、脳シナプスや神経細胞の働きを低下させ、情報処理能力が著しく低下する。

 また、最近の研究では睡眠時間の短い子どもは脳の海馬が小さいことが分かっている。

 海馬はアルツハイマーやうつ病に関わる部位で、未発達であることはその後の人生に大きなリスクになると本書は警告している。
(集英社 700円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  2. 2

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  3. 3

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  4. 4

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  5. 5

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  6. 6

    豊洲市場“黒い粉塵”問題 都のお粗末清掃で汚染水まみれに

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  9. 9

    “新 加勢大周”でデビュー 坂本一生さんが見つけた天職とは

  10. 10

    いいとも青年隊 工藤兄弟が語った“双子キャラ”への反発心

もっと見る