「子どもの夜ふかし脳への脅威」三池輝久著

公開日:  更新日:

 現代日本は世界有数の“短眠大国”だ。この50年間で平均睡眠時間は59分も短くなり、休日の土日でも睡眠時間は30分以上減少している。そして、こうした環境の中で育つ日本の子どもは、一日の総睡眠時間が11時間37分と、世界で一番短いという深刻な事態に陥っている。

 子どもの睡眠不足は、自律神経やホルモン分泌に悪影響を与えて肥満の原因になるほか、脳シナプスや神経細胞の働きを低下させ、情報処理能力が著しく低下する。

 また、最近の研究では睡眠時間の短い子どもは脳の海馬が小さいことが分かっている。

 海馬はアルツハイマーやうつ病に関わる部位で、未発達であることはその後の人生に大きなリスクになると本書は警告している。
(集英社 700円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る