利き酒師・酒ジャーナリスト山同敦子氏に聞く

公開日:  更新日:

日本酒は造り手のキャラを楽しむ時代に!

 ビールにワイン、チューハイもハイボールもおいしいけれど、ここはニッポン、日本酒がピッタリの料理や雰囲気がある。ここ数年は、従来の「日本酒」のイメージを打ち破る新しいお酒が出現しているという。「めざせ!日本酒の達人」(筑摩書房 940円)を刊行した酒ジャーナリスト・山同敦子氏に、日本酒の味わい方、そして夏におススメの銘柄をお聞きした。

「今の日本酒は造り手の世代が代わったんです。イタリアンも中華も食べる、都会暮らしも経験した若い跡取りたちが、自分たちがおいしいと思うお酒を、気合をこめて造るようになりました。すると、アーティストじゃないけれど、造る人のキャラが立ちます。大手酒造会社の均等な品質の良さもありますが、もっと個性的な、ある意味では好き嫌いの分かれるお酒が出てきたんです」

 背景には、技術力の進歩もある。麹づくりや発酵、熟成での温度管理、吟醸酒を造るために米を磨く(削る)技術の精密化など、バイオテクノロジーの世界だ。加熱消毒や保管、輸送においても冷蔵が可能になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る