『「自分」の壁』養老孟司著

公開日:  更新日:

 私たちは、環境から独立した、形ある個体である。私たちは、独自の遺伝子を持つ独自の存在である。そんな思い込みがガラガラと崩れていく。

 私たちが自分を個体だと認識しているのは、脳の中に「自己の領域」を決めている部位があるからで、そこが破損すると体の境界が分からなくなるという。

 ヒトゲノムの解読が終わり、人間の設計図が明らかになったかと思いきや、遺伝子の30%ほどが、もともとは外部のウイルスだったらしい、ということが分かってきたという。実は、環境と私たちは一心同体。それが自然の本来の姿なのだ。

 こうした研究成果は、「自分」「自我」「自意識」を揺るがす。本当の「自分」を見つけ出して個性的に生きたい、などという考え方が、荒唐無稽に見えてくる。

 東洋にはもともと「我を消す」思想があった。近代的自我は、明治以降西洋から入ってきた考え方で、日本人にはなじまない。自分探しなんかムダなこと。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る