『「自分」の壁』養老孟司著

公開日:  更新日:

 私たちは、環境から独立した、形ある個体である。私たちは、独自の遺伝子を持つ独自の存在である。そんな思い込みがガラガラと崩れていく。

 私たちが自分を個体だと認識しているのは、脳の中に「自己の領域」を決めている部位があるからで、そこが破損すると体の境界が分からなくなるという。

 ヒトゲノムの解読が終わり、人間の設計図が明らかになったかと思いきや、遺伝子の30%ほどが、もともとは外部のウイルスだったらしい、ということが分かってきたという。実は、環境と私たちは一心同体。それが自然の本来の姿なのだ。

 こうした研究成果は、「自分」「自我」「自意識」を揺るがす。本当の「自分」を見つけ出して個性的に生きたい、などという考え方が、荒唐無稽に見えてくる。

 東洋にはもともと「我を消す」思想があった。近代的自我は、明治以降西洋から入ってきた考え方で、日本人にはなじまない。自分探しなんかムダなこと。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

もっと見る