「修羅場の極意」佐藤優著

公開日:  更新日:

 外交と政治の修羅場をくぐり抜けてきた著者が、自らの体験を語りながら、人生のサバイバル術を伝授する生き方テキスト。

 氏が国内で経験した最大の修羅場は、鈴木宗男事件に巻き込まれ、激しいバッシングを受け、拘置所生活を送ったときだという。そのときにキリストの知恵が修羅場から抜け出すのに役立つことを再発見したという。「敵を愛せ」というイエスの言葉を読み解き、「敵を愛するという気構えを持つことによって、戦いを有利に進めることができる」と説く。その他、マキャベリの「君主論」や、ロシア文学者で思想家の内村剛介の言葉など、先人の哲学思想に学びながら、修羅場の作法を講義。

(中央公論新社 800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る