「修羅場の極意」佐藤優著

公開日:  更新日:

 外交と政治の修羅場をくぐり抜けてきた著者が、自らの体験を語りながら、人生のサバイバル術を伝授する生き方テキスト。

 氏が国内で経験した最大の修羅場は、鈴木宗男事件に巻き込まれ、激しいバッシングを受け、拘置所生活を送ったときだという。そのときにキリストの知恵が修羅場から抜け出すのに役立つことを再発見したという。「敵を愛せ」というイエスの言葉を読み解き、「敵を愛するという気構えを持つことによって、戦いを有利に進めることができる」と説く。その他、マキャベリの「君主論」や、ロシア文学者で思想家の内村剛介の言葉など、先人の哲学思想に学びながら、修羅場の作法を講義。

(中央公論新社 800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る