「男ともだち」千早茜著

公開日: 更新日:

 京都に住む29歳の神名葵は、最近名前が売れ始めたイラストレーター。恋人の彰人とは同棲中だが、いつしかお互い干渉しない同居人のようになってしまい、既婚者の医者・真司と時々あいびきする生活を続けていた。

 そんなある日、大学時代の先輩・長谷雄と7年ぶりに再会する。「カンナ」「ハセオ」と呼び合い、互いの異性関係もあけすけに話すような男ともだち「ハセオ」は、久しぶりに会ってもすぐに昔のノリで話せる、一番気の許せる相手だった。浮気しても罪悪感もなく、気が向けば誘われた男と寝てすぐに捨ててしまうような生活を送っていた神名にとって、セックスの関係がないハセオこそが、素顔の自分でいられる相手だったことに気付く。

 著者は、「魚」(のちに「魚神」と改題)で小説すばる新人賞と泉鏡花文学賞を受賞し、「あとかた」で島清恋愛文学賞を受賞して直木賞候補となった期待の作家。今年は本作で再び直木賞候補になった。さらりと流れるような文体で、「ともだち」としての男を求める主人公の心模様が丁寧に描かれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る