「男ともだち」千早茜著

公開日:  更新日:

 京都に住む29歳の神名葵は、最近名前が売れ始めたイラストレーター。恋人の彰人とは同棲中だが、いつしかお互い干渉しない同居人のようになってしまい、既婚者の医者・真司と時々あいびきする生活を続けていた。

 そんなある日、大学時代の先輩・長谷雄と7年ぶりに再会する。「カンナ」「ハセオ」と呼び合い、互いの異性関係もあけすけに話すような男ともだち「ハセオ」は、久しぶりに会ってもすぐに昔のノリで話せる、一番気の許せる相手だった。浮気しても罪悪感もなく、気が向けば誘われた男と寝てすぐに捨ててしまうような生活を送っていた神名にとって、セックスの関係がないハセオこそが、素顔の自分でいられる相手だったことに気付く。

 著者は、「魚」(のちに「魚神」と改題)で小説すばる新人賞と泉鏡花文学賞を受賞し、「あとかた」で島清恋愛文学賞を受賞して直木賞候補となった期待の作家。今年は本作で再び直木賞候補になった。さらりと流れるような文体で、「ともだち」としての男を求める主人公の心模様が丁寧に描かれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

もっと見る