• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「つげ義春 夢と旅の世界」つげ義春・山下裕二・戌井昭人・東村アキコ著

 漫画界の鬼才、つげ義春氏のデビュー60周年を記念して刊行されたビジュアルブック。作品原画の他、本人へのロングインタビューや各界の著名人のエッセーなど、立体的構成でその独特の作品世界を案内する。

 つげ氏が日本美術史上で一番好きな作家だと語る美術史家の山下氏によると、1968年に発表された代表作のひとつ「ねじ式」は、「史上初めて夢をダイレクトにマンガに反映し、しかも周到な脚色を加えた作品」だという。

 その「ねじ式」とともに、夢を忠実に再現した79年発表の「外のふくらみ」のカラー原画を収録。「つげ作品に通底する、その制作の根幹を支えている『夢』」を切り口に、作品の魅力に迫る。

「ねじ式」について作者自身は以前、「締め切りに追われてただ夢をそのまま描いただけ」と謙遜していたそうだが、インタビューでは「どんな芸術でも、最終的に意味を排除するのが目標だと思っているんですよ。なので意味のない夢を下敷きにした一連の夢ものを描いたり夢日記をつけたりしていたんです」と作品について語っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  9. 9

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  10. 10

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

もっと見る