「風花帖」葉室麟著

公開日:  更新日:

 享和3(1803)年、九州・小笠原藩の江戸屋敷側用人菅家の嫡男・源太郎と書院番頭杉坂家の三女・吉乃の祝言が行われる。吉乃の親戚の新六は、祝いの席で、家老の兵庫から自分の派閥に入るよう命じられる。新六の亡父はかつて兵庫の政敵・出雲の派閥に入っており、周囲の人間には兵庫の真意が分からない。3年前のある出来事から、吉乃を生涯かけて守ると心に誓う新六は、以来、源太郎の屋敷で開かれる派閥の集まりに顔を出すようになった。しかし、兵庫が失脚。藩内は息を吹き返した出雲が権力を握り、旧兵庫派との軋轢が激化。そのはざまに立たされた新六は苦悩する。

 運命に翻弄される男女の哀切を描いた長編時代小説。

(朝日新聞出版 1500円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  5. 5

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

もっと見る