「風花帖」葉室麟著

公開日: 更新日:

 享和3(1803)年、九州・小笠原藩の江戸屋敷側用人菅家の嫡男・源太郎と書院番頭杉坂家の三女・吉乃の祝言が行われる。吉乃の親戚の新六は、祝いの席で、家老の兵庫から自分の派閥に入るよう命じられる。新六の亡父はかつて兵庫の政敵・出雲の派閥に入っており、周囲の人間には兵庫の真意が分からない。3年前のある出来事から、吉乃を生涯かけて守ると心に誓う新六は、以来、源太郎の屋敷で開かれる派閥の集まりに顔を出すようになった。しかし、兵庫が失脚。藩内は息を吹き返した出雲が権力を握り、旧兵庫派との軋轢が激化。そのはざまに立たされた新六は苦悩する。

 運命に翻弄される男女の哀切を描いた長編時代小説。

(朝日新聞出版 1500円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  3. 3

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  4. 4

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  5. 5

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  6. 6

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

  7. 7

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  8. 8

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

  9. 9

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  10. 10

    後半戦初登板で3人炎上 セのエースをつまづかせた“真犯人”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る