• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「風花帖」葉室麟著

 享和3(1803)年、九州・小笠原藩の江戸屋敷側用人菅家の嫡男・源太郎と書院番頭杉坂家の三女・吉乃の祝言が行われる。吉乃の親戚の新六は、祝いの席で、家老の兵庫から自分の派閥に入るよう命じられる。新六の亡父はかつて兵庫の政敵・出雲の派閥に入っており、周囲の人間には兵庫の真意が分からない。3年前のある出来事から、吉乃を生涯かけて守ると心に誓う新六は、以来、源太郎の屋敷で開かれる派閥の集まりに顔を出すようになった。しかし、兵庫が失脚。藩内は息を吹き返した出雲が権力を握り、旧兵庫派との軋轢が激化。そのはざまに立たされた新六は苦悩する。

 運命に翻弄される男女の哀切を描いた長編時代小説。

(朝日新聞出版 1500円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る