「特殊清掃 死体と向き合った男の20年の記録」特掃隊長著

公開日: 更新日:

 特殊清掃とは、人間の遺体をはじめ、動物の死骸や糞尿、山積ゴミなどによる特殊な汚染破損の処理。この仕事に携わって20年という著者が、凄惨な現場で出合ったさまざまなエピソードを紹介しながら、生と死について考える仕事エッセー。

 薬の飲み過ぎで死んだ男性の父親は、部屋の床の腐敗液が、息子の跡だと教えられ、それまでの冷静さを失い、急に泣き出したという。その他、車上暮らしの末に死んだ父親の愛車の処理を依頼してきた女性、恩人が孤独死した現場を自ら掃除する男性など。淡々とした筆致で死の後始末の現場を描きながら、「いまを大切に生きる」とはどういうことかを考える。

(ディスカヴァー・トゥエンティワン 1000円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る