「虚言少年」京極夏彦著

公開日:  更新日:

 小学6年の健吾は、クラスの「その他大勢」の立場を取りながら、級友たちをシビアな目で観察し、状況を分析するのが大好き。そんな健吾の正体を見破った京野とは、今では親友だ。さらに駄洒落と下ネタで他の追随を許さぬ矢島が加わりトリオが結成されるが、3人は学校ではそれぞれ立ち位置が異なり、距離を保っている。ある日、矢島と健吾が登校すると、教室の片隅で女子がめそめそ泣き、まるでお通夜のようだった。矢島が情報収集に苦戦しているのを横目に、健吾は独自の方法で級友にアプローチする。(「三万メートル」)

 昭和の少年3人組のばかばかしくも笑いに満ちた日々を描く連作集。

(集英社 820円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る