「虚言少年」京極夏彦著

公開日: 更新日:

 小学6年の健吾は、クラスの「その他大勢」の立場を取りながら、級友たちをシビアな目で観察し、状況を分析するのが大好き。そんな健吾の正体を見破った京野とは、今では親友だ。さらに駄洒落と下ネタで他の追随を許さぬ矢島が加わりトリオが結成されるが、3人は学校ではそれぞれ立ち位置が異なり、距離を保っている。ある日、矢島と健吾が登校すると、教室の片隅で女子がめそめそ泣き、まるでお通夜のようだった。矢島が情報収集に苦戦しているのを横目に、健吾は独自の方法で級友にアプローチする。(「三万メートル」)

 昭和の少年3人組のばかばかしくも笑いに満ちた日々を描く連作集。

(集英社 820円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る