「金澤翔子の世界 ダウン症の天才書家」大川原有重監修

公開日:  更新日:

「飛翔」「希望」「慈愛」「鎮魂」「愛」「笑」……。金澤翔子の書からは生きる力がほとばしり、見る者の心の奥深くに働きかけてくる。そこには確かに言霊が宿っている。

 金澤翔子はダウン症児として生まれながら、書の才能を開花させ、東大寺で書展を開いたり、NHKの大河ドラマ「平清盛」のタイトル文字を書くなど、目覚ましい活躍をしている。若き天才書家はふっくらとやさしげで、全国各地で行っている席上揮毫(きごう)の会場は、いつもあたたかな喜びに包まれる。

 純真無垢な翔子を「書の道」に導いたのは、母・泰子だった。翔子の書を集めたこの作品集の巻末で、母は娘とともに歩んだ20余年の軌跡をつづっている。

 1985年、待望の子どもを授かって幸せの絶頂にいた母は、生後52日目に、娘がダウン症であることを医師から告げられた。ダウン症は普通の人より染色体が1本多いことから発症し、有効な治療法はまだない。母は奈落の底でもがき苦しみ、奇跡を願った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る