「金澤翔子の世界 ダウン症の天才書家」大川原有重監修

公開日:  更新日:

「飛翔」「希望」「慈愛」「鎮魂」「愛」「笑」……。金澤翔子の書からは生きる力がほとばしり、見る者の心の奥深くに働きかけてくる。そこには確かに言霊が宿っている。

 金澤翔子はダウン症児として生まれながら、書の才能を開花させ、東大寺で書展を開いたり、NHKの大河ドラマ「平清盛」のタイトル文字を書くなど、目覚ましい活躍をしている。若き天才書家はふっくらとやさしげで、全国各地で行っている席上揮毫(きごう)の会場は、いつもあたたかな喜びに包まれる。

 純真無垢な翔子を「書の道」に導いたのは、母・泰子だった。翔子の書を集めたこの作品集の巻末で、母は娘とともに歩んだ20余年の軌跡をつづっている。

 1985年、待望の子どもを授かって幸せの絶頂にいた母は、生後52日目に、娘がダウン症であることを医師から告げられた。ダウン症は普通の人より染色体が1本多いことから発症し、有効な治療法はまだない。母は奈落の底でもがき苦しみ、奇跡を願った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る