• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「桜色の魂」長田渚左著

 1964年の東京五輪、女子体操の金メダリスト、ベラ・チャスラフスカは、それから50年後、東日本大震災で被災した子供たちを、祖国チェコのプラハに招待した。チャスラフスカは、日本と日本人をこよなく愛している。何度かのインタビューを通じてそれを強く感じていた著者は、日本人との心の交流を軸に、彼女の半生をたどった。

 1960年、18歳だったチャスラフスカは、ローマ五輪で日本の体操選手たちと出会う。重圧のかかる試合の前でも明るく、気取らず、それでいて盤石の演技を披露する。そんな日本選手に強い憧れを抱いた。中でも、東京五輪の金メダリストとなる遠藤幸雄とは、アスリート魂で交感し合い、強い影響を受けたという。

 東京とメキシコ、2度の五輪で花開いたチャスラフスカだが、その後の人生は暗転する。1968年、ソ連が祖国に侵攻。それに抵抗する「二千語宣言」に署名した彼女は、長きにわたって執拗な迫害を受け続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る