「桜色の魂」長田渚左著

公開日:  更新日:

 1964年の東京五輪、女子体操の金メダリスト、ベラ・チャスラフスカは、それから50年後、東日本大震災で被災した子供たちを、祖国チェコのプラハに招待した。チャスラフスカは、日本と日本人をこよなく愛している。何度かのインタビューを通じてそれを強く感じていた著者は、日本人との心の交流を軸に、彼女の半生をたどった。

 1960年、18歳だったチャスラフスカは、ローマ五輪で日本の体操選手たちと出会う。重圧のかかる試合の前でも明るく、気取らず、それでいて盤石の演技を披露する。そんな日本選手に強い憧れを抱いた。中でも、東京五輪の金メダリストとなる遠藤幸雄とは、アスリート魂で交感し合い、強い影響を受けたという。

 東京とメキシコ、2度の五輪で花開いたチャスラフスカだが、その後の人生は暗転する。1968年、ソ連が祖国に侵攻。それに抵抗する「二千語宣言」に署名した彼女は、長きにわたって執拗な迫害を受け続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る