「日本に巣喰う4つの“怪物”」カレル・ヴァン・ウォルフレン著、井上実訳

公開日:  更新日:

 重要な政治問題を効果的に語り合う方法を失っている結果、日本の未来は閉ざされ民主主義は破壊されると危惧する知日派ジャーナリストによる警告の書。世界情勢が劇的な変化を見せている今、日本が直面している大きな危険に立ち向かうためには、日本の本当の敵である「怪物」を見極めなければならないと指摘する。

 怪物として挙げられているのは、「だれが見ても明確な悪意を持った怪物」「一部の人にしか見分けられない怪物」「現実には存在しない怪物」「大多数の人には見えない隠れた怪物」の4つ。それぞれの事例として順に、原子力発電所、機密漏洩を禁じる法律、マスコミを使った北朝鮮や中国などによる日本攻撃論、TPPを解説している。さらに安倍首相による憲法解釈変更やウクライナ情勢にも言及。無関心や被害者意識に逃げ込むのではなく、今こそ独立した主権国家として存在してこなかった戦後日本の現実と向き合ってほしいと訴えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る