「精神科のヒミツ」藤本修著

公開日:  更新日:

 うつ病が“心の風邪”と表現されるようになってから、精神科受診に抵抗を感じにくくなってきた。そして、町には精神科や神経科、あるいは心療内科やメンタルヘルス科などさまざまな診療科名を名乗る病院が増えている。

 実は、医師であれば誰でも、麻酔科を除く診療科名を2つ以内に限り何でも標榜することが許されている。例えば、産婦人科や整形外科で診療していた医師が、開業して心療内科や精神科を標榜することも可能なのだ。ここまで露骨でなくても、十二指腸潰瘍や円形脱毛症など身体疾患の治療にまで携わるはずの心療内科を標榜していても、内科的知識が乏しい可能性もあるそうだ。

 他にも、投薬や診断書など精神科に対するさまざまな疑問について、精神科医の著者が答えていく。

(中央公論新社 840円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  7. 7

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  8. 8

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  9. 9

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  10. 10

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

もっと見る