• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【年末に読みたい珠玉の時代・歴史小説】「冬を待つ城」安部龍太郎著

 天正18(1590)年、小田原城を攻め落とした秀吉は奥州仕置きを行い、小田原に参陣しなかった大名らを改易。家の存続と所領の知行を認められた大名には、検知と刀狩りを断行し、秀吉の意に沿う統治を行うよう強要する。

 北部奥州の知行を認められた南部信直は、秀吉の命令に従い一門の有力者に南部家への臣従を迫るが、長年、信直と確執を抱える九戸政実はこれを拒否。このままでは秀吉によって九戸家が滅ぼされてしまうことを危惧した政実の弟・政則は、2人の兄を動かし、信直と政実の会談を実現させる。

 席上、一同は政実から秀吉の奥州仕置きの真の目的を聞かされ言葉を失う。

 直木賞作家が、わずか3000の兵で秀吉軍15万に挑んだ「九戸政実の乱」を描いた長編歴史小説。

(新潮社 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る