【年末に読みたい珠玉の時代・歴史小説】「冬を待つ城」安部龍太郎著

公開日:  更新日:

 天正18(1590)年、小田原城を攻め落とした秀吉は奥州仕置きを行い、小田原に参陣しなかった大名らを改易。家の存続と所領の知行を認められた大名には、検知と刀狩りを断行し、秀吉の意に沿う統治を行うよう強要する。

 北部奥州の知行を認められた南部信直は、秀吉の命令に従い一門の有力者に南部家への臣従を迫るが、長年、信直と確執を抱える九戸政実はこれを拒否。このままでは秀吉によって九戸家が滅ぼされてしまうことを危惧した政実の弟・政則は、2人の兄を動かし、信直と政実の会談を実現させる。

 席上、一同は政実から秀吉の奥州仕置きの真の目的を聞かされ言葉を失う。

 直木賞作家が、わずか3000の兵で秀吉軍15万に挑んだ「九戸政実の乱」を描いた長編歴史小説。

(新潮社 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る