「女王」連城三紀彦著

公開日: 更新日:

 戦後生まれなのに東京大空襲の記憶がある荻葉史郎が、精神科医・瓜木を訪ねるところから物語は始まる。

 幼い頃に記憶喪失で保護され、以来、古代史研究家の祖父・祇介に育てられた史郎は、祖父から聞いた自身の過去を疑っていたのだ。しかも、祇介は旅先で不審な死を遂げた。話を聞いた瓜木は、火事や映画などを見た記憶を混同しているのではないかと当初思ったものの、東京大空襲当時に史郎と会っていたことを思い出す。

 そして17年後、がんに侵された瓜木は、残された時間で史郎の記憶と祇介の死の謎を解くため、史郎と祇介の愛弟子で史郎の妻となった加奈子を誘って京都へと向かう。そこで遭遇したのは、祇介が研究していた邪馬台国の歴史だった……。

 昨年逝去した著者によるミステリー長編。邪馬台国の謎に取りつかれた人間の愛憎劇を壮大なスケールで描いている。最後のインタビューや著者の選んだ本ベスト10も収録。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る