「退職金貧乏」塚崎公義著

公開日:  更新日:

 老後の生活のための“虎の子”である退職金。しかし、長生きしているうちにインフレが進み、いつの間にか大切な蓄えが底をつくという最悪の事態も起こり得る。

 塚崎公義著「退職金貧乏」には、投資の経験や知識が少ない人のための資産運用術が記されている。

 長生きのリスクとインフレのリスクの両方に対応できる、いわば“守りのマニュアル”だ。

 ちまたでは“老後には1億円が必要”などという情報が出回り不安をあおるが、本書では65歳時点で、退職金も含めて2000万円程度あれば十分としている。ただし、年金の受け取りは標準的なサラリーマン夫婦で32万円が受給できる70歳まで我慢するのが理想だ。70歳以上の無職世帯の平均支出は月26万円であるため、年金で十分に暮らしていける。しかし、不慮の出来事やインフレによる生活費増加に備えて、やはり資産運用を行っておきたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る