• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「退職金貧乏」塚崎公義著

 老後の生活のための“虎の子”である退職金。しかし、長生きしているうちにインフレが進み、いつの間にか大切な蓄えが底をつくという最悪の事態も起こり得る。

 塚崎公義著「退職金貧乏」には、投資の経験や知識が少ない人のための資産運用術が記されている。

 長生きのリスクとインフレのリスクの両方に対応できる、いわば“守りのマニュアル”だ。

 ちまたでは“老後には1億円が必要”などという情報が出回り不安をあおるが、本書では65歳時点で、退職金も含めて2000万円程度あれば十分としている。ただし、年金の受け取りは標準的なサラリーマン夫婦で32万円が受給できる70歳まで我慢するのが理想だ。70歳以上の無職世帯の平均支出は月26万円であるため、年金で十分に暮らしていける。しかし、不慮の出来事やインフレによる生活費増加に備えて、やはり資産運用を行っておきたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る