「退職金貧乏」塚崎公義著

公開日: 更新日:

 老後の生活のための“虎の子”である退職金。しかし、長生きしているうちにインフレが進み、いつの間にか大切な蓄えが底をつくという最悪の事態も起こり得る。

 塚崎公義著「退職金貧乏」には、投資の経験や知識が少ない人のための資産運用術が記されている。

 長生きのリスクとインフレのリスクの両方に対応できる、いわば“守りのマニュアル”だ。

 ちまたでは“老後には1億円が必要”などという情報が出回り不安をあおるが、本書では65歳時点で、退職金も含めて2000万円程度あれば十分としている。ただし、年金の受け取りは標準的なサラリーマン夫婦で32万円が受給できる70歳まで我慢するのが理想だ。70歳以上の無職世帯の平均支出は月26万円であるため、年金で十分に暮らしていける。しかし、不慮の出来事やインフレによる生活費増加に備えて、やはり資産運用を行っておきたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る