• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「友川カズキ独白録」友川カズキ著

 生きてるって言ってみろ! 友川カズキは、じだんだ踏んで叫ぶように歌う。65歳の今も歌い続けている。しかし、「私ね、『時々、歌手』なの」と言う。歌だけで食えたためしがなく、肉体労働を転々とした。

 歌はつくるが譜面は読めず、ギターも自己流。ミュージシャンの自覚はない。山ほどの詩を書き、絵を描き、競輪を愛する。大酒豪で宴会師。たまに映画やテレビに顔を出す。友川カズキとはいったい何者か。

 自伝など書いているひまはないが、しゃべるのは得意というわけで、自分のことを語りに語った。1950年、秋田県八竜村(現三種町)生まれ。文学など無縁だった野球少年は、中学2年のとき運命的な出合いを経験する。図書館の掃除当番で、たまたま開いて置いてあった本のページが目にとまった。中原中也の詩「骨」だった。読んで強い衝撃を受け、詩を書き始めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る