「友川カズキ独白録」友川カズキ著

公開日:  更新日:

 生きてるって言ってみろ! 友川カズキは、じだんだ踏んで叫ぶように歌う。65歳の今も歌い続けている。しかし、「私ね、『時々、歌手』なの」と言う。歌だけで食えたためしがなく、肉体労働を転々とした。

 歌はつくるが譜面は読めず、ギターも自己流。ミュージシャンの自覚はない。山ほどの詩を書き、絵を描き、競輪を愛する。大酒豪で宴会師。たまに映画やテレビに顔を出す。友川カズキとはいったい何者か。

 自伝など書いているひまはないが、しゃべるのは得意というわけで、自分のことを語りに語った。1950年、秋田県八竜村(現三種町)生まれ。文学など無縁だった野球少年は、中学2年のとき運命的な出合いを経験する。図書館の掃除当番で、たまたま開いて置いてあった本のページが目にとまった。中原中也の詩「骨」だった。読んで強い衝撃を受け、詩を書き始めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る