「友川カズキ独白録」友川カズキ著

公開日: 更新日:

 生きてるって言ってみろ! 友川カズキは、じだんだ踏んで叫ぶように歌う。65歳の今も歌い続けている。しかし、「私ね、『時々、歌手』なの」と言う。歌だけで食えたためしがなく、肉体労働を転々とした。

 歌はつくるが譜面は読めず、ギターも自己流。ミュージシャンの自覚はない。山ほどの詩を書き、絵を描き、競輪を愛する。大酒豪で宴会師。たまに映画やテレビに顔を出す。友川カズキとはいったい何者か。

 自伝など書いているひまはないが、しゃべるのは得意というわけで、自分のことを語りに語った。1950年、秋田県八竜村(現三種町)生まれ。文学など無縁だった野球少年は、中学2年のとき運命的な出合いを経験する。図書館の掃除当番で、たまたま開いて置いてあった本のページが目にとまった。中原中也の詩「骨」だった。読んで強い衝撃を受け、詩を書き始めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  6. 6

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  9. 9

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  10. 10

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る