「美貌帖」金子國義著

公開日:  更新日:

 画家・金子國義の部屋は、時間をかけて集めたコレクションであふれている。和洋を問わないアートの数々、雑誌や写真、骨董、鏡、水晶の玉、貝殻の標本……。画家の審美眼にかなった愛しきものたちが空間を埋めている。

 自分の部屋を好みの絵で飾るために、絵を描き始めたのだという。涼しげでエロチックな美少女たち、バレエダンサーのような肉体を持つ美青年たち。本当に好きなもの、自分が陶酔できるものしか描けない、と言い切る画家が、その美意識の豊かな源にさかのぼり、半生をつづった自伝。たくさんの挿入写真からも、流れのままに才能を開花させていったこの人の軌跡が見える。

 1936年、埼玉県蕨市生まれ。織物工場を営む裕福な生家で、美しいものに囲まれて育った。着物、歌舞伎、絵画、映画、バレエ、音楽、料理。さまざまな土壌から養分を得て多様な才能を見せるが、画家への道はまだ見えていない。18歳から5年間、歌舞伎の舞台美術家、長坂元弘に師事。芸術家の天分に磨きをかけた。遊び好きでパーティー好き。類は友を呼ぶのか、多くの出会いがあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る