「美貌帖」金子國義著

公開日: 更新日:

 画家・金子國義の部屋は、時間をかけて集めたコレクションであふれている。和洋を問わないアートの数々、雑誌や写真、骨董、鏡、水晶の玉、貝殻の標本……。画家の審美眼にかなった愛しきものたちが空間を埋めている。

 自分の部屋を好みの絵で飾るために、絵を描き始めたのだという。涼しげでエロチックな美少女たち、バレエダンサーのような肉体を持つ美青年たち。本当に好きなもの、自分が陶酔できるものしか描けない、と言い切る画家が、その美意識の豊かな源にさかのぼり、半生をつづった自伝。たくさんの挿入写真からも、流れのままに才能を開花させていったこの人の軌跡が見える。

 1936年、埼玉県蕨市生まれ。織物工場を営む裕福な生家で、美しいものに囲まれて育った。着物、歌舞伎、絵画、映画、バレエ、音楽、料理。さまざまな土壌から養分を得て多様な才能を見せるが、画家への道はまだ見えていない。18歳から5年間、歌舞伎の舞台美術家、長坂元弘に師事。芸術家の天分に磨きをかけた。遊び好きでパーティー好き。類は友を呼ぶのか、多くの出会いがあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  3. 3

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  6. 6

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  7. 7

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  8. 8

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  9. 9

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

  10. 10

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

もっと見る

人気キーワード