「親子共依存」尾木直樹氏

公開日: 更新日:

 そんな学生でも、以前なら社会で鍛えられてまともな社会人に成長することができた。ところが今は社会が〈ずぶずぶ〉になっている。

「昔だったら子どもを大学に入れた時点で、将来の見通しが立つから親は手を離した。だけど今は社会に委ねることができないから、抱え込みになっている。もうひとつは、3・11以後、やはり家族は一緒に住まなきゃという雰囲気が強くなってきた。だから、1時間半以上かけて実家から通学している学生が多い」

 親子がべったりになる一方で、社会的なつながりや地域のつながりがなくなっている。

「昔はお祭りの時などが男の子にとって性教育の場だったのに、そういう場がなくなった。友達とLINEでつながっていても本当のことは言えないから、相談相手はママになる。今はツールがいっぱいあって世界に発信できるのに、そういうグローバルな目を持たない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

  3. 3

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  4. 4

    インド株の市中感染を初確認!7月に全国蔓延で五輪は絶望

  5. 5

    小池知事「五輪中止」のタイミング…重なる4年前の都議選

  6. 6

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  7. 7

    五輪選手らを選手村と会場に“閉じ込める”政府案の浅はかさ

  8. 8

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  9. 9

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  10. 10

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

もっと見る

人気キーワード