戦争が終わっても“壊れ続ける”兵士たちの苦悩

公開日: 更新日:

 集団的自衛権の行使容認などを踏まえた安全保障法制をめぐり、着々と進む与党協議。日本は今、再び“戦争ができる国”への道を進もうとしている。

 しかし、戦争の代償はあまりにも大きく、戦いが終わっても容易に傷が癒えるものではない。そんな現実を突きつけるのが、デイヴィッド・フィンケル著、古屋美登里訳「帰還兵はなぜ自殺するのか」(亜紀書房 2300円+税)。戦争がきっかけで重い精神的ストレスを負ったアメリカ人兵士5人の苦悩の日々を追跡し、帰国後の彼らの“壊れ方”を生々しくリポートしている。

 イラク戦争で戦ったアダム・シューマン(28歳)は有能で、親切で、高潔。誰からも信頼される男だった。しかしアメリカに帰国後、毎日のように自殺願望に苦しめられ、重度のPTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断される。その引き金となったのは、戦地でのある出来事。可愛がっていた部下が、アダムが不参加の任務で道端の爆弾にやられて命を落とす。同僚の兵士は、「あんたがいたら、こんなひでえことにはならなかったのにな」と声をかけた。それはアダムを称える意味の言葉だったが、彼にとってそれは“おまえのせいで死んだ”という意味に置き換えられ、とてつもない罪悪感となって心を壊していった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  5. 5

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  6. 6

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  7. 7

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  8. 8

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  9. 9

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  10. 10

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

もっと見る

人気キーワード