「夢をまことに」山本兼一著

公開日: 更新日:

 主人公は、近江の国友村で鉄砲鍛冶を営む国友一貫斎(くにともいっかんさい)。足利将軍の頃から鉄砲鍛冶の家系だったが、徳川の世になって仕事が減り、一貫斎はもちろん村人たちの暮らしも厳しくなっていた。

 その上、役人が自由に鍛冶の仕事を請け負うことを問題にして江戸の鉄砲玉薬奉行に訴えたため、江戸に出向くことに。やましいことのない一貫斎は、この江戸行きをこれからの村を支える技術を学ぶ機会だと考え、空気で玉を飛ばすオランダの風炮を参考に新たに日本製の「気炮」を完成させる。国友村に新たな仕事をもたらした一貫斎は、さらに遠くまで見ることができるテレスコップ、海の中を進む潜水艦、鳥のように飛ぶ飛行機などモノづくりへの果てなき夢に挑戦していく。

「利休にたずねよ」で直木賞を受賞し、昨年2月に逝去した著者が残したモノづくりに魅せられた男の一代奮闘記。さまざまな難題に一つ一つ向き合う主人公の真摯な姿がすがすがしい。(文藝春秋 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

  10. 10

    借金はないが…今は資金もなく「静かに暮らす」日々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る