「夢をまことに」山本兼一著

公開日: 更新日:

 主人公は、近江の国友村で鉄砲鍛冶を営む国友一貫斎(くにともいっかんさい)。足利将軍の頃から鉄砲鍛冶の家系だったが、徳川の世になって仕事が減り、一貫斎はもちろん村人たちの暮らしも厳しくなっていた。

 その上、役人が自由に鍛冶の仕事を請け負うことを問題にして江戸の鉄砲玉薬奉行に訴えたため、江戸に出向くことに。やましいことのない一貫斎は、この江戸行きをこれからの村を支える技術を学ぶ機会だと考え、空気で玉を飛ばすオランダの風炮を参考に新たに日本製の「気炮」を完成させる。国友村に新たな仕事をもたらした一貫斎は、さらに遠くまで見ることができるテレスコップ、海の中を進む潜水艦、鳥のように飛ぶ飛行機などモノづくりへの果てなき夢に挑戦していく。

「利休にたずねよ」で直木賞を受賞し、昨年2月に逝去した著者が残したモノづくりに魅せられた男の一代奮闘記。さまざまな難題に一つ一つ向き合う主人公の真摯な姿がすがすがしい。(文藝春秋 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  7. 7

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  8. 8

    組織委の露骨な人種差別発覚! アフリカ人パフォーマーの開会式出演を排除していた

  9. 9

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  10. 10

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

もっと見る

人気キーワード