「夢をまことに」山本兼一著

公開日:  更新日:

 主人公は、近江の国友村で鉄砲鍛冶を営む国友一貫斎(くにともいっかんさい)。足利将軍の頃から鉄砲鍛冶の家系だったが、徳川の世になって仕事が減り、一貫斎はもちろん村人たちの暮らしも厳しくなっていた。

 その上、役人が自由に鍛冶の仕事を請け負うことを問題にして江戸の鉄砲玉薬奉行に訴えたため、江戸に出向くことに。やましいことのない一貫斎は、この江戸行きをこれからの村を支える技術を学ぶ機会だと考え、空気で玉を飛ばすオランダの風炮を参考に新たに日本製の「気炮」を完成させる。国友村に新たな仕事をもたらした一貫斎は、さらに遠くまで見ることができるテレスコップ、海の中を進む潜水艦、鳥のように飛ぶ飛行機などモノづくりへの果てなき夢に挑戦していく。

「利休にたずねよ」で直木賞を受賞し、昨年2月に逝去した著者が残したモノづくりに魅せられた男の一代奮闘記。さまざまな難題に一つ一つ向き合う主人公の真摯な姿がすがすがしい。(文藝春秋 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る