• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【集団的自衛権のワナ】“自衛隊の軍隊化”を図る安倍政権。集団的自衛権論議のワナを検証する

「亡国の集団的自衛権」柳澤協二著

 東大法学部卒業後、防衛庁に入庁し、防衛審議官、運用局長、長官官房長などの要職を歴任した著者。2004年からは足かけ5年間、当時の小泉官邸で自衛隊イラク派遣部隊のバックアップを担当した。

 幸い自衛隊は1人の戦死者もなかったが、「その最大の要因は、イラク人に銃を向けず、一発の弾も撃たなかった」からだという。「武器を使わないことが武器を使うよりはるかに優れた戦術」という逆説が存在したのだ。

 現在の東アジアの緊張状態についても、米軍は自分たちも半ば国際法違反的なことをやっている自覚があるからこそ、中国・北朝鮮が挑発や妨害を企てても軍事的反撃を避けて外交手段で解決を試みている。そんなとき日本が「すわ盟友の一大事」とばかり自衛隊を繰り出せば無用の武力紛争を引き起こすことになる。「お友だち」は殴り返すことなど望んでいないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る