【集団的自衛権のワナ】“自衛隊の軍隊化”を図る安倍政権。集団的自衛権論議のワナを検証する

公開日:  更新日:

「亡国の集団的自衛権」柳澤協二著

 東大法学部卒業後、防衛庁に入庁し、防衛審議官、運用局長、長官官房長などの要職を歴任した著者。2004年からは足かけ5年間、当時の小泉官邸で自衛隊イラク派遣部隊のバックアップを担当した。

 幸い自衛隊は1人の戦死者もなかったが、「その最大の要因は、イラク人に銃を向けず、一発の弾も撃たなかった」からだという。「武器を使わないことが武器を使うよりはるかに優れた戦術」という逆説が存在したのだ。

 現在の東アジアの緊張状態についても、米軍は自分たちも半ば国際法違反的なことをやっている自覚があるからこそ、中国・北朝鮮が挑発や妨害を企てても軍事的反撃を避けて外交手段で解決を試みている。そんなとき日本が「すわ盟友の一大事」とばかり自衛隊を繰り出せば無用の武力紛争を引き起こすことになる。「お友だち」は殴り返すことなど望んでいないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る