【集団的自衛権のワナ】“自衛隊の軍隊化”を図る安倍政権。集団的自衛権論議のワナを検証する

公開日: 更新日:

「亡国の集団的自衛権」柳澤協二著

 東大法学部卒業後、防衛庁に入庁し、防衛審議官、運用局長、長官官房長などの要職を歴任した著者。2004年からは足かけ5年間、当時の小泉官邸で自衛隊イラク派遣部隊のバックアップを担当した。

 幸い自衛隊は1人の戦死者もなかったが、「その最大の要因は、イラク人に銃を向けず、一発の弾も撃たなかった」からだという。「武器を使わないことが武器を使うよりはるかに優れた戦術」という逆説が存在したのだ。

 現在の東アジアの緊張状態についても、米軍は自分たちも半ば国際法違反的なことをやっている自覚があるからこそ、中国・北朝鮮が挑発や妨害を企てても軍事的反撃を避けて外交手段で解決を試みている。そんなとき日本が「すわ盟友の一大事」とばかり自衛隊を繰り出せば無用の武力紛争を引き起こすことになる。「お友だち」は殴り返すことなど望んでいないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  4. 4

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  7. 7

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  8. 8

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  9. 9

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  10. 10

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る