【集団的自衛権のワナ】“自衛隊の軍隊化”を図る安倍政権。集団的自衛権論議のワナを検証する

公開日:  更新日:

「亡国の集団的自衛権」柳澤協二著

 東大法学部卒業後、防衛庁に入庁し、防衛審議官、運用局長、長官官房長などの要職を歴任した著者。2004年からは足かけ5年間、当時の小泉官邸で自衛隊イラク派遣部隊のバックアップを担当した。

 幸い自衛隊は1人の戦死者もなかったが、「その最大の要因は、イラク人に銃を向けず、一発の弾も撃たなかった」からだという。「武器を使わないことが武器を使うよりはるかに優れた戦術」という逆説が存在したのだ。

 現在の東アジアの緊張状態についても、米軍は自分たちも半ば国際法違反的なことをやっている自覚があるからこそ、中国・北朝鮮が挑発や妨害を企てても軍事的反撃を避けて外交手段で解決を試みている。そんなとき日本が「すわ盟友の一大事」とばかり自衛隊を繰り出せば無用の武力紛争を引き起こすことになる。「お友だち」は殴り返すことなど望んでいないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る