• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

これが芸人の世界だ編

「芸能界蛭子目線」蛭子能収著

 今やテレビは斜陽産業と化し、星の数ほど増殖した芸人たちは苦戦を強いられている。密かに落語ブームも訪れているようだが、ネットの動画で満足するやからも多く、寄席や演芸場へ足を運ぶに至っていない。画面を見るだけでは、決して知ることができない、芸人の真の魅力を、こっそりちゃっかり暴露した本を紹介しよう。

 蛭子能収を知らない人は少ない。ぼんやりした風貌、穏やかで朴訥な口調、テレビでいじられキャラとしてタレント活動をするも、本業は漫画家。

 旅番組では弱音と本音を吐き、バラエティー番組では体を張って笑いを誘い、クイズ番組では解答できずに責められる。そのくせ、映画やドラマで脇役出演も果たす。マルチな活躍で、捨てるところナシの彼が芸能界の裏話を悪意なく暴露したのが「芸能界蛭子目線」(1000円 竹書房+税)だ。

 芸能界の裏情報はたいていが宣伝がらみか、事務所側のイメージ戦略によるリークや権力闘争などに端を発するものだ。嘘くさい情報はネットで暴かれ、さらされるのが常。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  6. 6

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  7. 7

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る