「視線」永嶋恵美著

公開日: 更新日:

 劇団員の夏帆は、生計のために住宅地図の調査員として働いていた。

 ある日、小学生のときに住んでいた四ッ坂町を担当することになった夏帆は、調査中に元同級生の聡美と再会。仕事後、聡美の家を訪ねることになった。その途中で通り魔の被害に遭う。

 翌朝、夏帆は、現場の近くで他殺体が見つかったことを刑事の知加子から教えられる。被害者の平須昌子の名に覚えがない。だが、昌子は夏帆らの劇団が使っている運送会社の事務員で、ある新興宗教の信者だと分かる。夏帆の元恋人・内原と接点もあった。自分が疑われていることに気づいた夏帆は不快感が募る。

 住宅地に潜む悪意を描く長編ミステリー。(光文社 700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  4. 4

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  5. 5

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  6. 6

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  7. 7

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  10. 10

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る