• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「視線」永嶋恵美著

 劇団員の夏帆は、生計のために住宅地図の調査員として働いていた。

 ある日、小学生のときに住んでいた四ッ坂町を担当することになった夏帆は、調査中に元同級生の聡美と再会。仕事後、聡美の家を訪ねることになった。その途中で通り魔の被害に遭う。

 翌朝、夏帆は、現場の近くで他殺体が見つかったことを刑事の知加子から教えられる。被害者の平須昌子の名に覚えがない。だが、昌子は夏帆らの劇団が使っている運送会社の事務員で、ある新興宗教の信者だと分かる。夏帆の元恋人・内原と接点もあった。自分が疑われていることに気づいた夏帆は不快感が募る。

 住宅地に潜む悪意を描く長編ミステリー。(光文社 700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  6. 6

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  7. 7

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  8. 8

    フリー転身説浮上 NHK桑子真帆アナに有働アナが“急接近”

  9. 9

    まだあるNEWS小山の“未成年飲酒”目撃談…六本木では有名人

  10. 10

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

もっと見る