「空海と密教」ひろさちや著

公開日:  更新日:

 空海の説いた密教の教えに学ぶ生き方指南書。

 釈迦は欲望があるから人間は苦しみ悩むと説いた。ゆえに初期の弟子たちは禁欲主義こそ仏教の本質だと考えたが、空海は仏教の本質は「大欲」だと主張。

 大欲とは大きな欲望ではなく、「真実の人間らしく生きたい」という欲望だという。現代人が未来への不安に悩むのもその根底に小さな欲望があるから。ふたつの干し草の山を見つけた驢馬が、どちらを食べようか迷っているうちに餓死してしまう「ビュリダンの驢馬」の逸話とともに、大学を途中でやめた空海の若き日を紹介しながら悩みの本質を語るなど、その生涯をたどり、「真実の人間らしく生きる」とはどういうことかを解説する。(祥伝社 580円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る