「空海と密教」ひろさちや著

公開日:  更新日:

 空海の説いた密教の教えに学ぶ生き方指南書。

 釈迦は欲望があるから人間は苦しみ悩むと説いた。ゆえに初期の弟子たちは禁欲主義こそ仏教の本質だと考えたが、空海は仏教の本質は「大欲」だと主張。

 大欲とは大きな欲望ではなく、「真実の人間らしく生きたい」という欲望だという。現代人が未来への不安に悩むのもその根底に小さな欲望があるから。ふたつの干し草の山を見つけた驢馬が、どちらを食べようか迷っているうちに餓死してしまう「ビュリダンの驢馬」の逸話とともに、大学を途中でやめた空海の若き日を紹介しながら悩みの本質を語るなど、その生涯をたどり、「真実の人間らしく生きる」とはどういうことかを解説する。(祥伝社 580円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る