「長良川 修羅としずくと女たち」松田悠八著

公開日:  更新日:

 2010年3月、「ぼく」は50年前の大学生時代に所属した演劇サークルの仲間たちと、屋形船で隅田川を遡っていた。毎年、開かれていた同窓会がなくなり、久しぶりに花見に集まったのだ。席上、先輩の河田が美恵乃の話を持ち出す。ぼくの1学年の上の美恵乃は、1957年に演出志望で入団してきた。先輩たちは絶世の美女の彼女を舞台に上げようと画策したが2年半後、彼女は突然大学から姿を消してしまった。駆け落ち説や心中説が飛び交い、彼女の後の消息話は同窓会の定番だった。実は、彼女の失踪から10年後、出版社に勤務していたぼくは仕事のつながりで美恵乃を取材したことがあった。

 岐阜出身の著者が青春時代を回顧する半生記。(作品社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る