• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「長良川 修羅としずくと女たち」松田悠八著

 2010年3月、「ぼく」は50年前の大学生時代に所属した演劇サークルの仲間たちと、屋形船で隅田川を遡っていた。毎年、開かれていた同窓会がなくなり、久しぶりに花見に集まったのだ。席上、先輩の河田が美恵乃の話を持ち出す。ぼくの1学年の上の美恵乃は、1957年に演出志望で入団してきた。先輩たちは絶世の美女の彼女を舞台に上げようと画策したが2年半後、彼女は突然大学から姿を消してしまった。駆け落ち説や心中説が飛び交い、彼女の後の消息話は同窓会の定番だった。実は、彼女の失踪から10年後、出版社に勤務していたぼくは仕事のつながりで美恵乃を取材したことがあった。

 岐阜出身の著者が青春時代を回顧する半生記。(作品社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  9. 9

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  10. 10

    目黒5歳女児も 学歴コンプレックスの親がハマる“教育虐待”

もっと見る