「ビジュアル版 日本の妖怪百科」岩井宏實監修

公開日: 更新日:

 古くから日本人に恐れられ、そして親しまれてきた妖怪たちを、各地に残る言い伝えや妖怪画とともに紹介するアートブック。

 常に自然と向き合いながら暮らさなければならなかった先人たちは、自分たちの力ではどうにもならない自然の力に畏怖の念を抱き、自然が引き起こす不思議な出来事や現象を「妖怪」としてきた。時代が進み、そうした現象や出来事を科学的に説明できるようになっても、妖怪は人々の生活に溶け込み、親しまれてきた。昭和30年代から始まったブームは、「ゲゲゲの鬼太郎」などのヒットを経て、「妖怪ウォッチ」へと、媒体を変えながらも衰えることはない。

 本書では、お馴染みの妖怪界のスターが続々と登場する。トップを飾るのは、日本の妖怪の代表ともいえる「鬼」だ。古代から物語や伝統芸能にもよく登場する鬼は、妖怪の中でも一番凶暴で恐ろしい姿をしていて、日本人の心の中に大きな位置を占めてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  5. 5

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  9. 9

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  10. 10

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る