ヤクザ社会の虚実皮膜と芸能界

公開日: 更新日:

 現在は引退した大物組長の手記が出版されて話題になっている。元山口組太田興業組長の太田守正著「血別 山口組百年の孤独」(サイゾー)だ。

 著書の中では今年12月に結成100周年を迎える山口組の知られざる歴史や、現役時代の血で血を洗う激しい抗争の裏側、行動原理、そして山口組の5代目から6代目への“交代劇”など、ヤクザ社会の虚実が実体験をベースにつづられている。

 昭和平成の裏社会の一端が垣間見えるが、中でも漫画や映画のモデルにもなり「ミナミの帝王」の異名で呼ばれた“金貸し”や許永中についての記述は現代社会の裏面史として非常に興味深い。また、古き良き時代の芸能人との交流についてもつづられていて、山城新伍や菅原文太との酒席でのエピソードなども紹介されている。

 どこの世界も“真実”は映画や漫画のように劇的ではないことがよくわかる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    客寄せからガス抜きに出世 “ウォシュレット小泉”はどう?

もっと見る