• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「古書ミステリー倶楽部Ⅲ」ミステリー文学資料館編

 古書や蔵書などをテーマにしたミステリーを編んだアンソロジー。

 自殺した妹の翔子が一人暮らしをしていた部屋で遺品の整理をしていた薪子は、あることに気づき不審が募る。部屋の本棚の高さが小柄だった翔子に不釣り合いなのだ。本は翔子の手が届かない上段に収められていた。薪子は翔子が部屋に出入りしていた背の高い人物に殺されたのではないかと疑問を抱く。しかし、親友にたずねても、妹に恋人はいなかったという。本に挟んであった古本屋のカードを見つけた薪子は、手掛かりを求めて、その古本屋を訪ねる。(宮部みゆき著「のっぽのドロレス」)

 ほか、江戸川乱歩から法月綸太郎まで12作を収録。(光文社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る