「古書ミステリー倶楽部Ⅲ」ミステリー文学資料館編

公開日:  更新日:

 古書や蔵書などをテーマにしたミステリーを編んだアンソロジー。

 自殺した妹の翔子が一人暮らしをしていた部屋で遺品の整理をしていた薪子は、あることに気づき不審が募る。部屋の本棚の高さが小柄だった翔子に不釣り合いなのだ。本は翔子の手が届かない上段に収められていた。薪子は翔子が部屋に出入りしていた背の高い人物に殺されたのではないかと疑問を抱く。しかし、親友にたずねても、妹に恋人はいなかったという。本に挟んであった古本屋のカードを見つけた薪子は、手掛かりを求めて、その古本屋を訪ねる。(宮部みゆき著「のっぽのドロレス」)

 ほか、江戸川乱歩から法月綸太郎まで12作を収録。(光文社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る