• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

一冊で数倍楽しい短編アンソロジー文庫特集

「『このミス』が選ぶ! オールタイム・ベスト短編ミステリー 赤」連城三紀彦・江戸川乱歩・高木彬光・泡坂妻夫著

 好きな作家の本を指名買いするのもいいけれど、たまには偶然の出合いを求めて短編アンソロジーを漁ってみるのはどうだろう。さらに文庫となれば、カバンにしのばせて持ち歩き、ちょっとした隙間に小説世界に脳内トリップできる。今回は短編ミステリー、ショートショート、スポーツ、名刀伝、雪国編など、テーマ別アンソロジーを5冊ご紹介。さっそく、お好みの旅に行ってらっしゃい!

 国内のあらゆる短編を対象に、最も面白い短編ミステリーを決める「オールタイム・ベスト国内短編ミステリーベストテン」。「このミステリーがすごい!」の選者が選んだ、これだけは外せないという完成度の高い作品となれば、ミステリー好きは素通りできないだろう。

 本書は、珠玉のベストテン作品を2分冊にしたうちの第1弾だ。収録されているのはダントツの得票数で1位に選ばれた「戻り川心中」(連城三紀彦著)を皮切りに、第5位の「押絵と旅する男」(江戸川乱歩著)、第6位の「妖婦の宿」(高木彬光著)、第7位の「桔梗の宿」(連城三紀彦著)、第8位の「DL2号機事件」(泡坂妻夫著)の5作品。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る