一冊で数倍楽しい短編アンソロジー文庫特集

公開日:  更新日:

「『このミス』が選ぶ! オールタイム・ベスト短編ミステリー 赤」連城三紀彦・江戸川乱歩・高木彬光・泡坂妻夫著

 好きな作家の本を指名買いするのもいいけれど、たまには偶然の出合いを求めて短編アンソロジーを漁ってみるのはどうだろう。さらに文庫となれば、カバンにしのばせて持ち歩き、ちょっとした隙間に小説世界に脳内トリップできる。今回は短編ミステリー、ショートショート、スポーツ、名刀伝、雪国編など、テーマ別アンソロジーを5冊ご紹介。さっそく、お好みの旅に行ってらっしゃい!

 国内のあらゆる短編を対象に、最も面白い短編ミステリーを決める「オールタイム・ベスト国内短編ミステリーベストテン」。「このミステリーがすごい!」の選者が選んだ、これだけは外せないという完成度の高い作品となれば、ミステリー好きは素通りできないだろう。

 本書は、珠玉のベストテン作品を2分冊にしたうちの第1弾だ。収録されているのはダントツの得票数で1位に選ばれた「戻り川心中」(連城三紀彦著)を皮切りに、第5位の「押絵と旅する男」(江戸川乱歩著)、第6位の「妖婦の宿」(高木彬光著)、第7位の「桔梗の宿」(連城三紀彦著)、第8位の「DL2号機事件」(泡坂妻夫著)の5作品。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る