「家族スクランブル」田丸雅智著

公開日:  更新日:

 星新一の孫弟子と呼ばれる新世代のショートショート作家による、家族をテーマにした不思議な短編集。

 特殊な空間を醸し出すランタンを披露する男の話「隣のランタン」、ある男が家電量販店に買い物に来た奇想天外な理由を描いた「母の米」、子どもの歯並びの悪さを自分のせいだといって悩む父親の話「歯並び」、分身が作れるせっけんで3人になった妻と暮らす夫の話「白妻、黒妻」、妻がフリルの着いた洋服ばかりを買う理由を描いた「箪笥のこやし」、長年連れ添った妻を亡くした男が妻にそっくりの金魚と遭遇する「おいらんちゅう」など、計18編が収録されている。

 著者は、2011年に「桜」を「物語のルミナリエ」に発表してデビューし、12年に「海酒」で樹立社ショートショートコンテストの最優秀賞を受賞した気鋭の作家。「火花」で芥川賞を受賞した又吉直樹に絶賛され注目を浴びた。本作は単行本第4弾作品。デビュー以来、快進撃を続けている。(小学館 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る