「慰安婦問題をこれで終わらせる。」松竹伸幸著

公開日: 更新日:

 右派と左派が対立したまま、韓国側からも強い主張が繰り返され、解決の道筋が全く見えない慰安婦問題。いまや外交上も安全保障上も日韓関係を揺るがすトゲのような存在となっている。この硬直した状況から抜け出し、着地点を見つけるためには何が必要なのか。本書は、慰安婦問題の本質を整理した上で導き出される「リアルな解決法」を探った提案の書だ。

 かつて共産党で安全保障と外交を担当する安保外交部長を務めた経歴を持つ著者は、右派にも左派にも良識派が存在し、対立軸は固定的でも絶対的でもないことを示しながら、理念だけに拘泥しない右派的ともいえる現実的なアプローチを左派が行うことによって韓国との関係改善の道が開けると説く。

 同胞からのバッシング覚悟で日本との和解を呼びかけた韓国人教授の本「和解のために」に刺激を受け、日本人も日本人に向けて同様のことをやらねばと決意して本書を書いたという決意の強さが伝わってくる。(小学館 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  10. 9

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  11. 10

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

もっと見る