宮城安総
著者のコラム一覧
宮城安総工作舎アートディレクター

1964年、宮城県生まれ。東北大学文学部仏文科卒。1990年代から単行本、企業パンフレット、ポスター、CDジャケットなど幅広く手掛ける。

“作品に触れる”造本に驚嘆

公開日:  更新日:

「福本潮子作品集 藍の青」福本潮子著 

 現代藍染め作家・福本潮子作品集。1977年から現在まで約40年の仕事を網羅する野心作だ。

 唐突だが、「色」を扱った経験のある方なら共感いただけると思う。

「青」のグラデーションには抗いがたい心地よさが潜む。人間の進化の過程で、空や海など自然界の「青」に対する親和性を獲得した結果だろうか? ゲーテ、カンディンスキー、ピカソ、イブ・クラインなど「青の精神性」に引き付けられた作家、画家は多い。本作家もまた青の魔力に魅せられた芸術家の一人だ。

「藍」は植物由来の染料。江戸以降、衣類、暖簾、今日身近なところではジーンズ等、大衆の生活にすっかり溶け込んだ素材。一方、藍染めに欠かせない「絞り」は、最古の染色技法の一つ。

「馴染みの素材や技法」とくれば、おのずと日常使いの「工芸品」を想像するが、本作家は正反対、自律した表現としての「空間アート作品」を志向する。解説によれば、藍と出合う以前、「青い絵」ばかり描いていた画家志望の学生時代から「青の探求」は始まっていたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る