宮城安総
著者のコラム一覧
宮城安総工作舎アートディレクター

1964年、宮城県生まれ。東北大学文学部仏文科卒。1990年代から単行本、企業パンフレット、ポスター、CDジャケットなど幅広く手掛ける。

歴史的な詩集を完全復刻

公開日: 更新日:

「小さなユリと」黒田三郎著

 帯に「父と娘のささやかな日々。1960年に昭森社より刊行された、歴史的な詩集を完全復刻」とある。

 戦中派の詩人・黒田三郎。自身が結核で入退院を繰り返すうち、妻も罹患し入院。突如、父子家庭となる。年端のゆかぬ幼稚園児の娘・ユリとの、ありふれているけれど、取り換えのきかない日常が切り取られている……。ただし、一筋縄でいかないのは、黒田が無類の酒好きで酒癖も悪く、一杯やりながら娘を寝かしつけたあと、さらにアルコールを求めて飲み屋にむかう「ダメオヤジ」であること。痛いほど分かっている「ダメっぷり」と、可愛くてたまらない娘への思いが、訥々と語られる。詩人は腐るでも苛立つでもなく、淡々と事実をつづる。読者もつい、ほだされ共感。なぜだろう、俳優・豊川悦司を思い浮かべる。

 さて、ほぼ半世紀ぶりの復刻である。どこまで初版に「寄せるか」。目標が明確な分、細部への心配りにも力が入る。正寸より天地が12ミリ短い、四六判変型、ハードカバー、角背。「完全復刻」を謳うだけあって、初版当時はなかったバーコードは帯に。幼児期の娘が描いた、ほほえましくも味のある父の顔が、カバーと表紙に配置される。共にOKミューズコットン(=用紙)に4色印刷。一見、同じデザイン。だが、紙の色が異なる。カバーは「やまぶき」、表紙は「しろ」。同一データの使い回しは不可能だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  9. 8

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  10. 9

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る