宮城安総
著者のコラム一覧
宮城安総工作舎アートディレクター

1964年、宮城県生まれ。東北大学文学部仏文科卒。1990年代から単行本、企業パンフレット、ポスター、CDジャケットなど幅広く手掛ける。

虹色の向こうに「移ろい」が見える

公開日:  更新日:

「バス停に立ち宇宙船を待つ」友部正人著

 友部正人。1950年生まれ。ミュージシャン/詩人。帯に「5年ぶりの新詩集」「ニューヨークの部屋で……時差ぼけの頭で思いつくままに……三年ぐらいの季節ごとの詩を書いてみた」とある。

 目次を繰れば「遠いアメリカ」「ハロウィンの夜に」「メイド・イン・USA」と、アメリカへの思いがそこはかとなく漂う。ただ、詩人がいう「季節」は、俳句のように必ずしも字面には表れず、読者の想像力に委ねられる。その一方、「時の移ろい」を静かに感じさせる大切な仕掛けが本書には施されている。

 B6変型。黄金比を感じさせる縦長の比率。カバーは、クラフト紙風、茶色の「ブンペル」。印刷インキは不透明ホワイト+蛍光ピンク+スミ。紙と紙の間に絵の具を挟み、はがしたときに偶然できる絵柄を楽しむ「デカルコマニー」。その一部分を切り抜いた挿画とゴシック体によるタイトル文字、とシンプルな構成だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る