弾む談話は“気候ネタ”から入れ!

公開日: 更新日:

 無駄話と思われがちな“雑談”のレベルを上げるだけで、仕事や人間関係の質が高まり、コミュニケーションの達人にもなれると説くのが、安田正著「超一流の雑談力」(文響社 1380円+税)。会話の実例を紹介しながら、日々の雑談で一目置かれる人間になれる38のテクニックを伝授している。

 その人に対するおおむねの評価は、会話が始まって1~4分の間で決まると本書。そのため、初対面での雑談は非常に重要だ。とはいえ、何もトリッキーな話題から入る必要はない。とくにお勧めなのは、気候ネタだ。至極ありふれているが、個人の思想が深く関わる政治ネタや、軽さの代表例である恋愛ネタなど、一歩間違えると取り返しのつかないことになる話題も多い。とくにビジネスシーンでは、ニュートラルな会話を心がけることが必要だ。

 それでは、気候ネタでどうやって雑談を弾ませたらよいのか。雑談の下手な営業マンAの場合、次のような会話が予想される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  3. 3

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  4. 4

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  5. 5

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  6. 6

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  7. 7

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  8. 8

    加藤綾子にフジ番組MC降板説…“三顧の礼”が評価急落のワケ

  9. 9

    菅首相「経済再開」一本やりで“GoToツインデミック”一直線

  10. 10

    市民は反対票を「大阪都構想」維新は何度でも仕掛けてくる

もっと見る

人気キーワード