ペリリュー島を舞台に小林よしのりが描く戦争漫画

公開日: 更新日:

 戦後70年の今年。終戦記念日の前後には、戦争を題材とした映画やドラマを見て、反戦への思いを強くした人も多いことだろう。ただし、これらの作品では主人公は皆、立派な青年で、愛する妻や子を思い、命をかけて戦うといった悲しくも美しい描かれ方がほとんどだ。

 しかし、人と人が殺し合うという狂気の戦場で、兵士たちはどのような心理状態にあったのか。決してきれい事では済まされない葛藤があったはずだ。小林よしのり著「卑怯者の島」(小学館 1800円+税)は、500ページにわたって壮絶な戦闘シーンと極限の世界観を描き出した渾身の戦争漫画。子供向け漫画ではなく、ゴーマニズム宣言とも一線を画す、新しい小林よしのり作品となっている。

 物語の舞台は、パラオのペリリュー島。フィクションではあるが、この島で繰り広げられた狂気の戦闘の様子は、実際に生き残った日米双方の元兵士たちが証言していることだ。文字通りの肉弾戦が描かれる本作では、兵士たちの手足が吹き飛び、内臓や目玉が飛び散り、あらゆるものが血に染まる様子がこれでもかと活写されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  4. 4

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  5. 5

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  6. 6

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  7. 7

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  8. 8

    日ハム若手が結婚公表を渋るのは…稲葉侍J監督夫妻が原因

  9. 9

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

  10. 10

    ハナコ岡部が朝ドラで評価上昇 “ライバル”はハライチ澤部

もっと見る

人気キーワード