• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ペリリュー島を舞台に小林よしのりが描く戦争漫画

 戦後70年の今年。終戦記念日の前後には、戦争を題材とした映画やドラマを見て、反戦への思いを強くした人も多いことだろう。ただし、これらの作品では主人公は皆、立派な青年で、愛する妻や子を思い、命をかけて戦うといった悲しくも美しい描かれ方がほとんどだ。

 しかし、人と人が殺し合うという狂気の戦場で、兵士たちはどのような心理状態にあったのか。決してきれい事では済まされない葛藤があったはずだ。小林よしのり著「卑怯者の島」(小学館 1800円+税)は、500ページにわたって壮絶な戦闘シーンと極限の世界観を描き出した渾身の戦争漫画。子供向け漫画ではなく、ゴーマニズム宣言とも一線を画す、新しい小林よしのり作品となっている。

 物語の舞台は、パラオのペリリュー島。フィクションではあるが、この島で繰り広げられた狂気の戦闘の様子は、実際に生き残った日米双方の元兵士たちが証言していることだ。文字通りの肉弾戦が描かれる本作では、兵士たちの手足が吹き飛び、内臓や目玉が飛び散り、あらゆるものが血に染まる様子がこれでもかと活写されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る