• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「いつまでも若いと思うなよ」橋本治著

 67歳の著者が、自らの老いの実感を明かしながら、「年寄り」をテーマにつづるエッセー。多くの年寄りにとって、自分の「老い」は他人事のようだと指摘。戦後、「若い方がいい」という単純な一方向の信仰から離れられなくなってしまったゆえに、自分はまだ年寄りじゃないと思いたがるのだろうと。老いが他人事なのは、老いというものがよく分からないからではないかと自分の老いを受け入れる難しさを説く。バブル崩壊寸前に貧乏になると分かっていながら抱えた莫大なローンに今も追われ、完治のあてがない何万人に1人という難病「顕微鏡的多発血管炎」も発病。その経緯も語りながら、老いを受け入れ、慣れるためのヒントを語る。(新潮社 740円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  2. 2

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  3. 3

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」好視聴率で健闘のワケ

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  6. 6

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  9. 9

    歌手・女優の坂本スミ子さん パルムドール表彰式の思い出

  10. 10

    テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

もっと見る