「黒田日銀 最後の賭け」小野展克著

公開日:  更新日:

 壮大な社会実験ともいえる日銀の異次元緩和を検証する経済テキスト。

 異次元緩和は、通貨の価値を傷つけ、堕落させることに本質があり、円の威厳をおとしめ、人々の希求を円から退けることこそが狙いだという。円が輝きを失うという「期待」が広がれば、消費者は欲望を取り戻し、モノやサービスへの衝動が蘇るのではないか。そんな人々の期待に働きかけるメカニズムを動かす意表を突いたシナリオなのだ。

 そうした異次元緩和の意味と背景の分析から、異端の政策といわれるリフレ政策がアベノミクスの看板政策になった理由、黒田総裁の人物像、氏が主導した世界に類例のない金融政策転換の舞台裏、そして「出口」への道筋までを考察する。

(文藝春秋 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  2. 2

    金銭より年数で…FA浅村の楽天入りは“ゆとり世代”ならでは

  3. 3

    特捜部を待つゴーンの徹底抗戦 “人質司法”には絶対屈しない

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    清水国明は68歳で第5子 芸能界“高齢パパ”の気になる共通項

  6. 6

    先輩2人が大減俸…オリFA西「2度目の交渉」は別れの挨拶か

  7. 7

    提示は5億円減 オリ金子「自由契約ある」で巨人入り怪情報

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  10. 10

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

もっと見る