• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「となりの漱石」山口謠司著

 明年、没後100年を迎える文豪の知られざる素顔を作品や書簡などから読み解く文学エッセー。

 漱石は5人の娘の中でも特に四女の愛子を可愛がった。その理由は、胃病を持ちながら甘いものに目がない父親のために、健康を心配する妻の鏡子が隠した甘いもののありかをいつも教えたからだという。そんな日常の点景から、養父の後妻の連れ子・れんへの初恋などの女性関係、「時鳥(ほととぎす)厠(かわや)半ばに出かねたり」との句を送って時の首相からの招待を断った真意、そして財布にはいつもたばこ代と本代程度のわずかな額しか入っていなかったというその懐具合まで。読めば、漱石に、隣人のような親近感がわいてくる。(ディスカヴァー・トゥエンティワン 1000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  8. 8

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    お蔵入り乗り越え 妻夫木聡&井上真央「乱反射」 の舞台裏

もっと見る