• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「となりの漱石」山口謠司著

 明年、没後100年を迎える文豪の知られざる素顔を作品や書簡などから読み解く文学エッセー。

 漱石は5人の娘の中でも特に四女の愛子を可愛がった。その理由は、胃病を持ちながら甘いものに目がない父親のために、健康を心配する妻の鏡子が隠した甘いもののありかをいつも教えたからだという。そんな日常の点景から、養父の後妻の連れ子・れんへの初恋などの女性関係、「時鳥(ほととぎす)厠(かわや)半ばに出かねたり」との句を送って時の首相からの招待を断った真意、そして財布にはいつもたばこ代と本代程度のわずかな額しか入っていなかったというその懐具合まで。読めば、漱石に、隣人のような親近感がわいてくる。(ディスカヴァー・トゥエンティワン 1000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

  9. 9

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  10. 10

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

もっと見る