「となりの漱石」山口謠司著

公開日: 更新日:

 明年、没後100年を迎える文豪の知られざる素顔を作品や書簡などから読み解く文学エッセー。

 漱石は5人の娘の中でも特に四女の愛子を可愛がった。その理由は、胃病を持ちながら甘いものに目がない父親のために、健康を心配する妻の鏡子が隠した甘いもののありかをいつも教えたからだという。そんな日常の点景から、養父の後妻の連れ子・れんへの初恋などの女性関係、「時鳥(ほととぎす)厠(かわや)半ばに出かねたり」との句を送って時の首相からの招待を断った真意、そして財布にはいつもたばこ代と本代程度のわずかな額しか入っていなかったというその懐具合まで。読めば、漱石に、隣人のような親近感がわいてくる。(ディスカヴァー・トゥエンティワン 1000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  8. 8

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る

人気キーワード