「となりの漱石」山口謠司著

公開日:  更新日:

 明年、没後100年を迎える文豪の知られざる素顔を作品や書簡などから読み解く文学エッセー。

 漱石は5人の娘の中でも特に四女の愛子を可愛がった。その理由は、胃病を持ちながら甘いものに目がない父親のために、健康を心配する妻の鏡子が隠した甘いもののありかをいつも教えたからだという。そんな日常の点景から、養父の後妻の連れ子・れんへの初恋などの女性関係、「時鳥(ほととぎす)厠(かわや)半ばに出かねたり」との句を送って時の首相からの招待を断った真意、そして財布にはいつもたばこ代と本代程度のわずかな額しか入っていなかったというその懐具合まで。読めば、漱石に、隣人のような親近感がわいてくる。(ディスカヴァー・トゥエンティワン 1000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

もっと見る