「優しいサヨクの復活」島田雅彦著

公開日: 更新日:

 原発再稼働や安保法案を機にブラック化した政権にノーを突きつける市民が路上から声を上げ始めた。10万人規模のデモは、実に40年ぶり。この変化の芽を摘み取られないよう、日本の未来を考える機会が継続的に維持されることを願って、作家ならではの視点で論じる現代日本論。

 日米同盟強化しか念頭にない政権は、現行憲法を改めようとする一方で、沖縄にさらなる犠牲を強いても日米安保条約はかたくなに守ろうとする。それは日米安保を憲法の上位に置こうとする政治方針だと批判。憲法の本質、アメリカの本音、隣国関係、そして転換期を迎えた資本主義社会の行方まで。目から鱗の論点で何に怒り、何を主張すべきかを教授する。(PHP研究所 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

  3. 3

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  4. 4

    インド株の市中感染を初確認!7月に全国蔓延で五輪は絶望

  5. 5

    小池知事「五輪中止」のタイミング…重なる4年前の都議選

  6. 6

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  7. 7

    五輪選手らを選手村と会場に“閉じ込める”政府案の浅はかさ

  8. 8

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  9. 9

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  10. 10

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

もっと見る

人気キーワード