• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【同性時代】同性婚を禁じた州法に違憲判決を出した米最高裁 これを機に同性婚問題に注目が集まっている

「同性婚」南和行著

 39歳と38歳の男性2人。大阪の繁華街、天神橋筋商店街近くで弁護士事務所を開いている。この彼らが実は「夫夫」。誤植ではない。これで「ふうふ」と読む。すなわち現役弁護士同士の男性カップルなのだ。本書はこのカップルの一方が著者となった同性カップル誕生記に加え、同性婚をめぐる法的問題のアドバイス集。

 著者はもともと建材メーカーの技術者として社会人生活をスタート。しかし当時既につきあっていたパートナーが司法試験をめざす決意をしたのを契機に、2人で同じ目標を分かち合うことにしたという。とはいえ、めでたく2人が弁護士になり、事務所開設にこぎつけるまでの間には、同性愛が原因で親との関係が悪化したり周囲への気遣いに苦労したことも少なくない。

 そんなエピソードが本書の前半をなしたあと、第2章以下では弁護士の立場から日本社会で同性愛者として生きていくためにはどうしたらいいかの具体的なアドバイスが繰り広げられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  5. 5

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  6. 6

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  9. 9

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  10. 10

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

もっと見る