• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【同性時代】同性婚を禁じた州法に違憲判決を出した米最高裁 これを機に同性婚問題に注目が集まっている

「同性婚」南和行著

 39歳と38歳の男性2人。大阪の繁華街、天神橋筋商店街近くで弁護士事務所を開いている。この彼らが実は「夫夫」。誤植ではない。これで「ふうふ」と読む。すなわち現役弁護士同士の男性カップルなのだ。本書はこのカップルの一方が著者となった同性カップル誕生記に加え、同性婚をめぐる法的問題のアドバイス集。

 著者はもともと建材メーカーの技術者として社会人生活をスタート。しかし当時既につきあっていたパートナーが司法試験をめざす決意をしたのを契機に、2人で同じ目標を分かち合うことにしたという。とはいえ、めでたく2人が弁護士になり、事務所開設にこぎつけるまでの間には、同性愛が原因で親との関係が悪化したり周囲への気遣いに苦労したことも少なくない。

 そんなエピソードが本書の前半をなしたあと、第2章以下では弁護士の立場から日本社会で同性愛者として生きていくためにはどうしたらいいかの具体的なアドバイスが繰り広げられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  4. 4

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  7. 7

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る