【遺品の整理】大事な遺品の残し方を学ぶ

公開日:  更新日:

「プロに学ぶ遺品整理のすべて」木村榮治著

 本書の著者の肩書を見てびっくり。「一般社団法人遺品整理士認定協会理事長」。こんな団体があるのか? と。著者がリサイクル会社の役員だったときに実父が急死し、遺品整理の業者を頼んだところ余りに事務的なふるまいに傷ついたのが組織立ち上げのきっかけだったとか。

 そんな著者によると遺品整理のコツは捨てるものと残すものの分け方。手紙や日記は読み始めると終わらないので、まずはまとめておく。衣類は廃棄かリサイクルか寄付。重要書類の置き場も生前によく確かめる。本棚の全集の箱の中とか冷蔵庫の奥などという例もあるという。うろたえるのは隠してあったエロ本や写真、DVDなど。60歳女性がカタブツの父の遺品に1000枚のエロDVDを発見したなどという実話も紹介されている。遺品整理の業者の見分け方などもシロウトにはありがたい。携帯電話の解約も忘れずにというアドバイスも行き届いている。巻末に「もしも」のためのチェックシートや優良業者のリストなども添えられている。(WAVE出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る