正月休みに必読? 企業の社長たちが愛読する本はコレだ

公開日:  更新日:

 企業トップたちの愛読書は何か? 本紙連載中の「社長の本棚」(毎週金曜発売号)にはこの1年間、34社のトップが登場し、本にまつわるエピソードを披露してくれた。社長たちはビジネスにエネルギーを注ぐ一方で、どんな本を手にしてきたのか? 改めて振り返ってみたい。正月休みに読む本に悩んでいる人はぜひ、ヒントにしてほしい。

 村上春樹、藤沢周平、北方謙三らが定番の人気だが、やはり司馬遼太郎が“強かった”。ほぼ4人に1人が名前を挙げた。中でも「坂の上の雲」が一番。

「軍事とビジネスは似ていると思う。限られた人とカネをどこに投入し、相手に勝つかという意味で」(オリックス生命・片岡一則社長)

「青雲の志が伝わってくる大好きな小説」(三菱UFJニコス・井上治夫社長)

 2人とも3、4回は読み返している大ファンだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る