日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

正月休みに必読? 企業の社長たちが愛読する本はコレだ

 企業トップたちの愛読書は何か? 本紙連載中の「社長の本棚」(毎週金曜発売号)にはこの1年間、34社のトップが登場し、本にまつわるエピソードを披露してくれた。社長たちはビジネスにエネルギーを注ぐ一方で、どんな本を手にしてきたのか? 改めて振り返ってみたい。正月休みに読む本に悩んでいる人はぜひ、ヒントにしてほしい。

 村上春樹、藤沢周平、北方謙三らが定番の人気だが、やはり司馬遼太郎が“強かった”。ほぼ4人に1人が名前を挙げた。中でも「坂の上の雲」が一番。

「軍事とビジネスは似ていると思う。限られた人とカネをどこに投入し、相手に勝つかという意味で」(オリックス生命・片岡一則社長)

「青雲の志が伝わってくる大好きな小説」(三菱UFJニコス・井上治夫社長)

 2人とも3、4回は読み返している大ファンだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事