「山口組分裂抗争の全内幕」盛力健児、西岡研介ほか著

公開日: 更新日:

 去年8月末、指定暴力団・6代目山口組が分裂した。果たして、日本最大の指定暴力団内部で何が起きたのか。本書は、組織の中枢や末端でどんなことが起きたのか、5人の書き手がリアルタイムで取材し記録したドキュメンタリーだ。

 離脱したのは、山健組、宅見組、侠友会、池田組、正木組、毛利組など山口組中枢で組織運営に関わってきた面々。神戸山口組という名称で山口組と同じ山菱の代紋を掲げて発足した。彼らは、6代目山口組の司忍組長の組織運営を歴代親分の意に反するものとして任侠道の本分に回帰するため離脱すると宣言。対して、6代目山口組は杯を交わした以上、神戸山口組に大義はなく、これは謀反だと主張する。

 法規の強化で抗争を指揮した幹部やトップも重い法的責任が問われるようになったため、双方とも抗争しないと宣言しているが、実際には名古屋、神戸などのホームグラウンドはもちろん、全国各地で抗争が起こる可能性があると指摘している。(宝島社 1278円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  8. 8

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る