• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「山口組分裂抗争の全内幕」盛力健児、西岡研介ほか著

 去年8月末、指定暴力団・6代目山口組が分裂した。果たして、日本最大の指定暴力団内部で何が起きたのか。本書は、組織の中枢や末端でどんなことが起きたのか、5人の書き手がリアルタイムで取材し記録したドキュメンタリーだ。

 離脱したのは、山健組、宅見組、侠友会、池田組、正木組、毛利組など山口組中枢で組織運営に関わってきた面々。神戸山口組という名称で山口組と同じ山菱の代紋を掲げて発足した。彼らは、6代目山口組の司忍組長の組織運営を歴代親分の意に反するものとして任侠道の本分に回帰するため離脱すると宣言。対して、6代目山口組は杯を交わした以上、神戸山口組に大義はなく、これは謀反だと主張する。

 法規の強化で抗争を指揮した幹部やトップも重い法的責任が問われるようになったため、双方とも抗争しないと宣言しているが、実際には名古屋、神戸などのホームグラウンドはもちろん、全国各地で抗争が起こる可能性があると指摘している。(宝島社 1278円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  7. 7

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

  8. 8

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  9. 9

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  10. 10

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

もっと見る