「おかしなことに」勝目梓著

公開日: 更新日:

 純文学からエロスとバイオレンスを得意とするエンターテインメント作家に転向して人気となり、自身をモデルにした「小説家」でも反響を呼んだ著者が、現役生活41年目に挑戦した「大人の童話集」。オーナーのユメコさんとバーテンダーのノボルくんの仲むつまじい日々と、愛し合うがゆえの結末を描いた「ユメコさんとノボルちゃん」、さまざまな人の手に渡る一枚の絵を巡る物語「人形の絵」、戦時中に未亡人だらけの村に迷い込んだ青年を描いた「カワムラ青年」、愛する人を失った女とその女を支えようとする男を描いた「湖」、大雪で立ち往生した出張先の山奥でひとりの女と出会う男の物語「雪女」など6編が収録。

 表題作「おかしなことに」は、初体験の相手から手ほどきされた一風変わったセックスが中年になってよみがえり、困惑する中年男の物語。性に真っすぐ入り込む男女が奏でる物語は、真面目であればあるほどユーモラスでホラーになっていくのが面白い。
(講談社 1600円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  10. 10

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

もっと見る

人気キーワード