「おかしなことに」勝目梓著

公開日: 更新日:

 純文学からエロスとバイオレンスを得意とするエンターテインメント作家に転向して人気となり、自身をモデルにした「小説家」でも反響を呼んだ著者が、現役生活41年目に挑戦した「大人の童話集」。オーナーのユメコさんとバーテンダーのノボルくんの仲むつまじい日々と、愛し合うがゆえの結末を描いた「ユメコさんとノボルちゃん」、さまざまな人の手に渡る一枚の絵を巡る物語「人形の絵」、戦時中に未亡人だらけの村に迷い込んだ青年を描いた「カワムラ青年」、愛する人を失った女とその女を支えようとする男を描いた「湖」、大雪で立ち往生した出張先の山奥でひとりの女と出会う男の物語「雪女」など6編が収録。

 表題作「おかしなことに」は、初体験の相手から手ほどきされた一風変わったセックスが中年になってよみがえり、困惑する中年男の物語。性に真っすぐ入り込む男女が奏でる物語は、真面目であればあるほどユーモラスでホラーになっていくのが面白い。
(講談社 1600円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  3. 3

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  4. 4

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  5. 5

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  6. 6

    妊娠・出産を乗り越え弁護士に…宣誓式で判事が粋な計らい

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    櫻井翔ありきで半月早まった「紅白歌合戦」司会発表の裏側

  9. 9

    鈴木・美馬・福田を過大評価…凶作FAに大枚はたく球界の愚

  10. 10

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る