「おかしなことに」勝目梓著

公開日:  更新日:

 純文学からエロスとバイオレンスを得意とするエンターテインメント作家に転向して人気となり、自身をモデルにした「小説家」でも反響を呼んだ著者が、現役生活41年目に挑戦した「大人の童話集」。オーナーのユメコさんとバーテンダーのノボルくんの仲むつまじい日々と、愛し合うがゆえの結末を描いた「ユメコさんとノボルちゃん」、さまざまな人の手に渡る一枚の絵を巡る物語「人形の絵」、戦時中に未亡人だらけの村に迷い込んだ青年を描いた「カワムラ青年」、愛する人を失った女とその女を支えようとする男を描いた「湖」、大雪で立ち往生した出張先の山奥でひとりの女と出会う男の物語「雪女」など6編が収録。

 表題作「おかしなことに」は、初体験の相手から手ほどきされた一風変わったセックスが中年になってよみがえり、困惑する中年男の物語。性に真っすぐ入り込む男女が奏でる物語は、真面目であればあるほどユーモラスでホラーになっていくのが面白い。
(講談社 1600円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る