「昭和と日本人 失敗の本質」半藤一利著

公開日: 更新日:

 著者の初期の作品を編んだ歴史エッセー集。日本が戦争に突き進んでいってしまった理由をさまざまな視点から探る。

 まずは新聞が、昭和6(1931)年の満州事変から国際連盟脱退までの2年間、その職分を忘れ、陸軍に歩調を合わせ、世論をミスリードした経緯を検証。唯一、「時事新報」の主筆・伊藤正徳だけは社説で国際連盟の脱退反対を主張し続けたが、その他の全社が一丸となって連盟脱退の方向へ世論を導いたと言論の持つ重さと、新聞報道に踊らされた日本人の持つ「精神の病」を問う。

 その他、平和主義者のイメージが濃い吉田茂の外交官時代の素顔や、開戦の詔書にあるべきはずの一行を削除した当時の指導者の意図など。「歴史探偵」の面目躍如の歴史読み物。(KADOKAWA 640円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

  10. 10

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

もっと見る