「昭和と日本人 失敗の本質」半藤一利著

公開日: 更新日:

 著者の初期の作品を編んだ歴史エッセー集。日本が戦争に突き進んでいってしまった理由をさまざまな視点から探る。

 まずは新聞が、昭和6(1931)年の満州事変から国際連盟脱退までの2年間、その職分を忘れ、陸軍に歩調を合わせ、世論をミスリードした経緯を検証。唯一、「時事新報」の主筆・伊藤正徳だけは社説で国際連盟の脱退反対を主張し続けたが、その他の全社が一丸となって連盟脱退の方向へ世論を導いたと言論の持つ重さと、新聞報道に踊らされた日本人の持つ「精神の病」を問う。

 その他、平和主義者のイメージが濃い吉田茂の外交官時代の素顔や、開戦の詔書にあるべきはずの一行を削除した当時の指導者の意図など。「歴史探偵」の面目躍如の歴史読み物。(KADOKAWA 640円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  3. 3

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  4. 4

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  5. 5

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  6. 6

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  7. 7

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  8. 8

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  9. 9

    正代初Vも「番付不在」と評論家苦言…白鵬は延命で高笑い

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る

人気キーワード